バックナンバー

介護の基本情報

新着情報

家族で要相談の施設立地

家族のみの介護は限界がある

  • トップ

優しい介護生活、施設の選び方

年齢を重ねると人は老いて日常の生活に、介護を必要になります。親に体力の衰えや認知症などの症状を思わすようになれば、居住する市区町村へ要介護の認定を申請します。ケアマネージャーを選定して、親の状態や家族の就業状態などを踏まえて今後の介護方針を決めて行きます。大きな方針としては在宅で看護していくのか、何処かに入居施設を探すのか看護の場所を考えねばなりません。但し介護者の状況は日々変化していくので、家族が自分の生活を送りながら看護を続けるのは限界があります。昼夜24時間誰かが見守らねばならないとなると、自宅という少人数の他に仕事を抱えた、素人の集まりの場所では行き届いた看護を継続して行うのが難しくなる事も想定されます。老人ホームも千差万別で、選び方には注意が必要です。順番待ちで直ぐには入居出来ない場合があるので、在宅のままでも施設の選び方は心がけておいた方が良いです。施設の選び方は様々ありますが、まずは費用の問題があります。特別養護老人ホームは民間の施設と比較すると割安ですが入居の順番待ちも厳しく、1000人以上の待機者がいる事も珍しくなくて申し込んでから1年も待たされたりします。民間施設でも料金が安いところもあります。施設は沢山あるので、選び方としてはホームを見学して、建物、部屋、入居後の生活環境や、医療体制など確認しながら選ぶのが良いです。自宅から面会に行く時距離的に近い場所にあると言うのも大事です。

↑PAGE TOP